スポンサーリンク

React onClick イベントで引数を渡す方法

JavaScript

こんにちは。

React の onClick イベント引数を渡そうとしたときに、ガッツしハマったのでやり方を忘れぬようにまとめました。(数時間費やした〜〜悲しみ。)

今回は特に以下の3点についてまとめます。

  • 単純なクリック
  • 引数を渡そうとしてハマったコード
  • 引数を渡せたコード
スポンサーリンク

単純なクリック

まずは単純なクリックイベントの設定。

ボタンをクリックするとアラートが表示されます。

Reactにおけるクリックイベントの基本形です↓

class App extends React.Component {
  constructor(props) {
    super(props);
    
    this.handleClick = this.handleClick.bind(this);
  }

  handleClick() {
    alert('クリックされました。');
  }

  render () {
    return (
      <div>
        <button onClick={this.handleClick}>ボタン</button>
      </div>
    )
  }
}

ReactDOM.render(
  <App/>,
  document.getElementById('root')
);

引数を渡そうとしてハマったコード

次にクリック時に引数で値を渡そうと考えた際にハマったコード。

下記のコードの場合、読み込み時にアラートイベントが発火してしまいました。

つまり、ページ読み込み時にクリックをしていないにも関わらずアラートが表示されてしまいます。

class App extends React.Component {
  constructor(props) {
    super(props);

    this.handleClick = this.handleClick.bind(this);
  }

  handleClick(option) {
    alert(option + 'クリックされました。');
  }

  render () {
    return (
      <div>
        <button onClick={this.handleClick('再生ボタンが')}>ボタン</button>
      </div>
    )
  }
}

ReactDOM.render(
  <App/>,
  document.getElementById('root')
);
【ここでの問題の推測】

ページ読み込み時に handleClick メソッドに直接引数の値が渡ってしまったことが原因ではないかと考えています。

引数を渡せたコード

そこで、引数を渡したいところにアロー関数を採用します。

onClick内に{() => this.handleClick(‘再生ボタンが’)}と記述します。

class App extends React.Component {
  constructor(props) {
    super(props);

    this.handleClick = this.handleClick.bind(this);
  }

  handleClick(option) {
    alert(option + 'クリックされました。');
  }

  render () {
    return (
      <div>
        <button onClick={() => this.handleClick('再生ボタンが')}>ボタン</button>
      </div>
    )
  }
}

ReactDOM.render(
  <App/>,
  document.getElementById('root')
);

この実装方法はReatチュートリアル「イベントハンドラやコールバックにパラメータを渡すには?」で紹介されていた方法です。

アロー関数を採用してイベント発火時にコールバック関数を呼ぶことで解決しているようです。

下の検証で「引数を渡せたコード」のコードを実装したボタンを用意したので試してみてください!

検証

ぼくの React 開発はこの↓本から始まりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました