スポンサーリンク

【自動更新】Qiita トレンド記事【2021年04月24日】

Qiita

この投稿は筆者がQiitaトレンドを取得するために自動で記事の作成と投稿をしています。週一で更新しています。

スポンサーリンク

秘密計算エンジニアを始めて2年半が経った。

秘密計算エンジニアを始めて2年半が経った。 - Qiita
概要 縁があり秘密計算という分野に携わるスタートアップに関わり、気づけば2年以上の月日が経ちました。 アドベントカレンダーにて記事を投稿したかったですが、もう4月になってしまいました。 しかしながら、2年程秘密計算、特に準同型暗...

もう無駄にfor文書くのやめようや…。

もう無駄にfor文書くのやめようや...。 - Qiita
はじめに Java8以降で何も考えずに「for文を用いた繰り返し処理」を使うのはやめましょう。 書き手、読み手にとっても良くないし、特別な理由がなければ積極的に新しい技術を使うべきです。 良くない理由としては様々ありますが、主な...

なぜフロントエンド開発にStorybookを導入するのか

なぜフロントエンド開発にStorybookを導入するのか - Qiita
0. はじめに Storybookはiframeによる閉じた環境でComponentを実装できるツールです。主な用途として次の3つがあります。 エンジニアとデザイナーが協働する環境として使う エンジニアがサンドボックス環境...

Springのテストを実際のアプリケーションでどうやるか考えてみた

Springのテストを実際のアプリケーションでどうやるか考えてみた - Qiita
はじめに この記事で何をするのか Spring/Spring Bootはテスト関連の機能がとても充実しています。これらの機能を、実際のアプリケーションにどのようにつかっていくかを考えました。 あくまで僕個人の案なので、「い...

縮小事前分布によるベイズ的変数選択1: Bayesian Lasso

縮小事前分布によるベイズ的変数選択1: Bayesian Lasso - Qiita
東京大学・株式会社Nopareの菅澤です.今回から縮小事前分布を使ったベイズ的変数選択の方法について,背景の原理やRでの実装について数回に分けて紹介していこうと思います. 今回は正則化法として有名なLassoのベイズ版であるBaye...

JavaScriptとQiitaAPIで取得した人気タグ情報をplotlyで散布図表示してみる

JavaScriptとQiitaAPIで取得した人気タグ情報をplotlyで散布図表示してみる - Qiita
はじめに 初めてQiitaに投稿する、これまでアウトプットに縁の無かった40代エンジニアです。これまでのキャリアは規制業種でもある金融のユーザー系システム子会社のSE一本なので、正直GitHubやPython、スマホアプリ開発や...

PythonでDiscordのボイスチャットの音声を録音する

PythonでDiscordのボイスチャットの音声を録音する - Qiita
Discord APIのラッパーのDiscord.pyには音声録音機能がありません。 ですが、ボイスチャットの録音ができるようにする必要があったので、Discord.pyを使って録音する方法を解説します。 この記事はDiscord....

Power Automate と LINE で通信する方法

Power Automate と LINE で通信する方法 - Qiita
はじめに 表題の通り、Power Automate と LINE で通信する為の接続方法および送受信方法を記載します。 LINE の設定 LINE Developersにログイン 「LINE Developers」から...

LINEから「ふだん使う路線の時刻表検索」を、Power Automate Desktop と Power Automate と Sharepoint Online で作る

404 Not Found - Qiita - Qiita

サブスク作った話

サブスク作った話 - Qiita
json to csvというJSONをCSVに変換するサブスクのサービスを作ったのでそのポエムを書かせてください。 はじめに 多くのビジネス書に、何もしないでお金が入ってくるものが資産、何もしないでお金が出ていくものが負債、と書かれ...

AWS EC2の新機能「ルートボリューム置き換え」で障害時のリストア対応を迅速化する

AWS EC2の新機能「ルートボリューム置き換え」で障害時のリストア対応を迅速化する - Qiita
はじめに 2021/4/23のAWSのアップデートで、実行中のEC2インスタンスのルートボリュームを置き換える機能が発表されました。 本記事では、この機能を使うことで、EC2で障害が発生した時のトラブル対応がどれだけ楽になるかを...

コメント

タイトルとURLをコピーしました